• 072月
    Categories: コメントは受け付けていません。

    休日。
    お昼にご飯を炊いて、それが残っていたので、新たには炊きませんでした。
    が、少し足りないかもしれないなぁ、と不安に。
    そうだ、先日購入して冷凍庫に入っている海鮮おこわを食べよう!
    ひとつひとつが5センチ四方くらいの入れ物に海鮮おこわが入っており、それが8個あります。
    なにかの葉でつつんであります。
    これをレンジでチンするだけという手軽さ。
    先日購入した焼き豚ちまきがおいしかったから、きっとこれも期待できるはず!

    全部をお皿に並べ、ラップをゆるくかけてレンジにかけます。
    これでご飯は足りるはず。
    そしておかずですが、これはえのきを使いきりたかったので、えのきと豚肉を塩コショウで炒めました。
    何かアレンジできないかなと思いながら作っていたのですが、ふと、しそ味の塩昆布があるのを思い出しました。
    そうだ、あれだと昆布のコクも出るし、梅の風味も加わるし、塩味もばっちりじゃん。
    よしよし、これを入れるぞ♪
    ごま油で炒めているから風味もいいはずです。

    本日のメインのおかずはこんな感じ。
    もちろんそこにサラダなどが登場しますが、気になるのはやはり海鮮おこわ。
    4人家族に8個なので、一人2個ずつよ、と釘を刺してから食べ始めます。
    葉で作られた可愛い箱に入っていて、ふたを開けると、えびや枝豆が彩り鮮やかに並んでいます。
    わぁ、おいしそう。
    小さいの一つ一つになんと手の込んだ、という感じです。
    海鮮というだけあって、エビ以外にもイカや貝柱などが入っています。
    食べてみると抜群においしいです。
    旦那さんも子どもたちも声を揃えて賞賛しています。
    私が作ったわけではないのですが、なんだか妙に誇らしくなってしまいました(笑)

    そして豚肉とえのきの塩昆布炒めの評判も上々です。
    やはり塩昆布はお肉やえのきによく合いました。
    以前塩昆布を使ったチャーハンを作ったことがあったのですが、あれも確か子どもたちにかなりうけていたんです。
    この頃この梅味、しそ味の塩昆布に出会わなかったのですっかり忘れていましたが、そうそう、このチャーハンはおいしいんでした。
    また近々、安売りが出たら大量に買っておかないとね、と思いました。
    在庫処分での売り出しではなかったことを祈ります。

  • 311月
    Categories: 健康 コメントは受け付けていません。

    お休みだった旦那さんと一緒に映画を見てからお昼ご飯。
    2時ごろだから空いているだろうと思いきや、同じように映画を見て出てきた人が多かったようで、どこのお店も待ちばかり。
    ピエトロ、にんにく屋、大戸屋・・・どこもここも、席は空いているものの片付けが終わってないから待ってください、と。
    長く待ってまで食べたいと思わないというのは共通している2人。
    もうショッピングモールを出ようかという話になりました。

    出口の方に向かっていくと、ちょうどあったのがお好み焼き屋さん。
    そこの表にあったサンプルの中に、キムチ焼きそばがありました。
    すると旦那さん、お店の中を覗いて「ここ、席が空いてるからここにしよう!」と言いました。
    何でもいい、と言った手前嫌という訳にもいきませんし、別に他に食べたいものがあるわけでもありません。
    ですので、とっととお店に入ります。

    カウンター席に通されたのですが、なんとメニューがない。
    な、なんて初歩的な、と思いつつも、とりあえずお水が出てくるのを待ちます。
    それも出てくるまでが長い長い。
    ようやく登場したお冷。
    そして「すみません、メニューがないですね!」と慌てて差し出してくれました。
    個人的にはすでにこの時点で帰りたいと思ってしまいました(笑)

    メニューは数もそんなにないので悩むことも特になし。
    旦那さんはミックス、私はトマトチーズ入りを選びました。
    そしてそこから焼き始めるのですが、お好み焼きは確かに時間がかかるんですが、かかりすぎだろうっていうくらい出てきません。
    さらに言うと、私と旦那さんのがかなりの時間差で登場。
    旦那さんなんてもう半分食べ終わっちゃってました。

    味自体は悪くなかったものの、これは失敗したな~って感じでした。
    やはり人が多い時間にものを食べに行くというのはよろしくないです、ハイ。
    トマトチーズは、なんだかピザっぽいお味でした。
    いや、トマト味のパスタっぽい?
    なかなか新鮮でしたが、お好みソースは合わないかなぁ、と。
    できれば卓上に塩が欲しかった私なのでした。
    旦那さんの方はごく普通においしかったようで、また来てもいい、という感じでしたが、私の方は味がうんぬんより対応の面でちょいとお断りだな・・・と思いました。

  • 231月
    Categories: コメントは受け付けていません。

    以前お友達に頂いてから、わが娘が劇的にはまったのがカラメルビスケット。
    そう、ロータスオリジナルです。
    これ、実はカラメルビスケットのスプレッドもあるんですよね。
    パンに塗って食べられるアレです。
    ビスケットと一緒にこのスプレッドを買い、娘が食べるようにしてパンに塗っていたのを思い出します。
    「ね、これだけ食べてもいい?」という言葉を、無くなるまで何度聞いたことか。

    そして今回。
    同じような味がしそうなスプレッドを発見です。
    スペキュロスのクッキースプレッド。
    まぁ、要はどちらもシナモン風味のカラメルビスケットのようです。
    これがまた愛用のサイト、モラタメで格安でゲットできそうだったので、掲載される日を待っておりました。

    が、そんな時に限ってその日は外出。
    どうしよう、もうないかも、とドキドキしながらサイトにアクセスすると、まだ残っておりました!
    大喜びで購入です。
    届いたら、さっそく家でパンを焼いて、これと一緒に子どもに差し出そうと思っています。
    シナモンがそんなに好きではないはずなのに、これだけは別と言わんばかりに大好きな娘。
    またこっそり食べるのでしょう(笑)

    ちなみに、以前購入したロータスのスプレッドには、アレンジの仕方がいろいろと載っていました。
    クッキーのフィリングにしたり、アイスに混ぜたりしてもおいしいとのことです。
    ま、たいていそうする前になくなっちゃうのですが、一度やってみたいな、と。
    今回は2瓶セットなので、一つはお菓子作りに使ってみてもいいかな、と思っております。
    どういうアレンジの仕方が一番おいしいのかは、ネットで探してみたいと思っています。

    そういえば、最近カラメルビスケットを食べておりません。
    基本的に輸入物のお菓子が大好きな私。
    上品な感じのこういうお菓子の他にも、どぎつい色のグミなんかはついつい買ってしまいます。
    でも、さすがにあれだけは買わないな、とテレビを見て思ったのがタイヤ味のグミです。

    アメリカだったかな、で作られたタイヤの味がするというグミ。
    試食をしてもらっていましたが、全員まずい!と。
    なのに売り出すという、アメリカ人の発想のすごさに脱帽です。
    私はやっぱり、おいしいものだけチョイスしたいと思います(笑)

  • 177月
    Categories: 雑記 コメントは受け付けていません。

    私は比較的オープンで飾らない性格なので普段からあまり気を遣って緊張することも少ないのですが、夫の実家に帰省した際に意識はしていないのですが自分で、(ああ、私って意外に緊張して神経使っているんだな)と思うことがありました。

    夫の実家に車で着いたのが真夜中であったため、運転の疲れもありどう考えても眠いはずなのですが、全くと言っていいほど眠れないのです。2日間の滞在だったのですが、初日も3~4時間しか眠れていなかったのに、翌日も日中は昼寝などしていないのに、夜子供たちを寝かしつけてからも、夫が先に眠ってしまってからも全く眠くなくて一人ぽつんと携帯をいじったりテレビを見たりして過ごしていました。

    テレビも関西なので関東の時間にやっているバラティが1時間遅れで放送されたりとうまくかみ合わずつまらないなーと思っていた矢先に、義理の妹がリビングに起きてきて久しぶりに色々と会話をしました。

    彼氏のこと、仕事のこと、結婚のこと、色々話を聞いたりしているうちに2時間くらいたってしまいました。でもこういう経験も結構楽しい時間でした。

    それでも眠くならない私に対して義妹もとうとう限界が近づき1時半には寝てしまいました。それから私は仕方なくテレビのチャンネルを忙しなく変更していましたが、そこは関西、私が大好きなお笑いのメッカであるため、夜中になってもそれなりに有名な芸人が出演しているバラエティなどがどこかしらでやっていたため、私は眠くなるまでぼーっと鑑賞していました。

    そしてようやく眠くなったのが3時頃。そのまま布団に入ってしばらく携帯をいじって、相当な夜更かしをして自然に眠りました。

    結局ろくな睡眠もとれないまま、東京への帰宅まで神経をすり減らして帰ってきました。

  • 177月
    Categories: 教育, 雑記 コメントは受け付けていません。

    いつも夫の実家に帰ると異常に緊張してしまう私です。単なる嫁としての立場での緊張であるならばよくある話だと思うのですが、そうではありません。

    発覚したのはもう何年も前です。夫が一人で実家に帰省した際に姑の部屋で寝たらしいのですが、その時ふと本棚に日記があるのを見つけてしまったそうです。中を恐る恐る読んでみてびっくり。

    なんと、その内容は彼のお兄さんである長男の悪口がたくさん書いてあったと言うのです。

    私から見ると、長男である義理のお兄さんはいつも大変可愛がられている印象を持っていました。うちの夫なんかよりも全然お母さん派の気さえします。

    ですが、日記の内容を読んでみて、お母さんの心の闇を理解することが出来たそうです。

    長男はいくつか年上の姉さん女房と結婚したのですが、結婚前から相当尻に敷かれており、それがお母さんにも見てとれるほどの様子だったそうです。こんな息子の様子を見て嘆かわしい気持ちになったお母さんは、自分の思いをどこにぶつけて良いかもわからず日記に書くという手段に出たようです。

    お兄ちゃんが冷たかった、お嫁さんばかり親切にして、などたくさん書いてあったそうです。

    母親が、実の息子の悪口を日記に書いてしまうなんてことは私は初め信じられませんでした。自分も2人の子供の母親なのですが、将来のことと考えても自分の中ではそんなことをするなんて到底ありえないことでした。

    それ以来夫は私に、「お袋に悪口を書かれないように気を付けなくていけないな」といつも言うようになりました。

    私も自分の行いがお母さんの目にどう映るのかが気になるようになってしまい、再会するたびにいつもビクビクしているのです。子供のことが一番きがかりです。なにかと躾躾とうるさく言われているので心配です。

  • 167月
    Categories: 雑記 コメントは受け付けていません。

    夫の実家に向かって車で出発したのが午後の2時でした。東京から大阪までの長旅です。自分たち夫婦はいいのですが、肝心なのが5歳と間もなく2歳の2人の子供です。途中のサービスエリアなどで適当に休憩することはできますが、なんといってもこの長丁場に耐えられるのかという不安が最後までありました。

    5歳の長男はもうお昼寝などする歳ではないため、そのまま自然な形に任せて車中ではたまにゲームでもやってもらって退屈しのぎをしてもらっていました。

    そして次男のほうですが、まだ1日1回のお昼寝をするので、東京の自宅を出発するまではなんとしてでも昼寝はさせないように、出発まで頑張って気を引いて努力しました。幸い車中ではすぐにお昼寝を始めてくれて、運転の軽い振動が心地よいのかかなりの長時間眠ってくれました。休憩中は起こして一緒に食事もとって、心配していたグズグズもほとんどなく夜中の大阪への到着までもってくれました。

    ただ、到着が夜中の3時頃で、本当であればすぐにでも眠ってもらえるはずなのですが、車中で小刻みに3回も昼寝をしてしまった子供たちは到着した早々珍しいおばあちゃんのおうちということで完璧に目覚めてしまい、真夜中なのに大はしゃぎで駆け回って遊びだしてしまいました。

    出迎えてくれた義母も一度眠っていたところを起きて出迎えてくれたのにいきなりテンションが高い子供2人が暴れ始めて大変だったと思いますが、笑顔でしばらく子供たちが気の済むまで相手をして遊んでくれたので良かったです。

    旅の疲れを取るために到着してから全員でお風呂に入り就寝したのが結局明け方の5時近く。次の日の予定もあったので遅くまで眠っていられない心配もありましたが、子供たちは8時には起きて朝からはしゃいでいたので、かえってよかったと思いました。

  • 167月
    Categories: 雑記 コメントは受け付けていません。

    うちの息子は週に一回近所のテニスクラブでテニスを習っています。時間は1時間。まだ幼稚園生なので必ず親の付き添いが必要です。もちろん、レッスン中は席をはずしていても構わないのですが、基本的に寂しがり屋な息子に加え、どのようにレッスンを受けているか親として確認しておきたいという思いもあって大体は観覧席に座り練習を見守っていることが多いです。

    他の方でも見学している方は多いのでこういう事は全く普通のことだと思うのですが、我が家の場合まだ二歳になったばかりの小さな弟がいるので見学をするといっても一苦労なのです。

    まずじっとしていません。テニスですからボールが当たるといけないので、コートの中に入らないようにしっかり見ておかなくてはなりません。私は長男の練習が見たくてしょうがないのに、次男のほうはそんな気持ちもつゆ知らず、自分の好きなように動き回っています。

    あまり押さえつけておくのもかわいそうなので、外に連れ出して時間を潰すこともしばしばです。ロビーあたりを走り回らせたり、階段を上らせたり色々策を練ってどうにか遊ばせています。

    最近の次男のお気に入りが、中央広場にたくさんやってくる鳩の群れを追いかけ回すことです。意味もなく大声を出しては追い回しているのですが、これはこちらとしても好都合。良い運動になるのです。たくさん走ってくれた後に長男のいるテニスコートへ戻り、またちょっと見学をしたあと、また鳩の群れに戻りの繰り返しをしてだいたい一時間が過ぎてしまいます。

    私も本当であったら読書をしたりといろんなことをして過ごせる1時間なのですが、小さい子供がいる間はしばらくこうなってしまうのは仕方ないなと思っています。

  • 157月
    Categories: , 雑記 コメントは受け付けていません。

    この春話題のスポットに立ち寄ることができました。

    新東名高速道路です。できたばかりでGWにもたくさんの人出が予想されていました。

    我が家も約10時間の長旅になるので、その休憩時間はとにかく重要で、ゆっくり休憩できると同時に子供たちもちょっとは楽しめるような場所であってほしいと思って期待していました。

    新東名はやはり道路が綺麗に整備されて本当に運転しやすい道路で、水はけもかなりよく雨の中の運転もスムーズに進めました。トンネルが多くクネクネとした走りづらい道も極力避けて作られたんだろうなと思いました。

    私たちが最初に立ち寄ったのは、浜松サービスエリアでした。ここではちょっとお食事を、と思っていたのですが、入口をはいると息子が一番初めに透明ガラスの綺麗な楽器のローランドのブースを目ざとく発見して一目散に私から飛んで行ってしまいました。

    電子ピアノや電子ドラムなど子供でも使いこなせるようなちょうどいい大きさの楽器が色々展示してあって、息子は何度も並びなおして何回も気の済むまで楽器を弾きまくっていました。

    これだけでももう40分、なんのための休憩か…と思ってしまいます。まあ、たくさん遊んで興奮して車で寝てくれれば良しとするしかないと思い付き合いました。

    そして、肝心の食べ物ですが、ラーメンが大好物な私は有名なラーメン評論家のプロデュースした醤油ラーメンを脇目も振らずに注文しました。しかしお味はかなりがっかりな物でした。

    全国の色々なラーメンを食べつくした人が行きつく先って、結局ただのあっさり醤油ラーメン??といった印象でした。食べながらもっと違うものにしとくんだったと早速後悔していました。

    とはいえ、施設はとても綺麗でいつまででも休憩していたいと思わせるようなSAであったことには間違いありませんでした。

  • 157月
    Categories: 雑記 コメントは受け付けていません。

    先日、息子のお友達のお母さんと立ち話をして大変びっくりしたことがありました。

    今年幼稚園を卒園した一つ上の年上のお兄ちゃんのことなのですが、近所の公立の小学校には行かず、私立の小学校受験をして入学したのです。

    大変おめでたい話で親子共々素晴らしいなと思っていたのですが、みてびっくり。その小学校はなんと給食制度が一切なく、六年間おうちのお弁当もって学校に通わなくてはならないと言うのです。

    どれだけすばらしい学校か知りませんが、もし私がその立場であったら、きっとどんな理由があろうともその学校を選ぶことはないとなぁと感じました。

    幼稚園の三年間のお弁当でさえ毎日大変だったのに、さらに向こう6年間毎朝頑張ってお弁当作るなんてとてもじゃないけどできません。

    給食は素晴らしいです。栄養士さんがの栄養バランスを考えて作ってくれているので、給食さえしっかり食べていれば何とか健康維持できるじゃないかなんて思ったりしています。

    最近の公立の学校の給食はとても美味しいそうですね。試食会などもありたまに親御さんが食べる機会があるそうで知り合いがたくさん食べに行っています。みんな口々においしいと言っていました。

    私は子供があと1年幼稚園が残っているのですが、早くも小学校の給食が始まることも今か今かと待っている状態です。お弁当の学校選択したお母さんにその話をしたところ、実は彼女も相当悩んだそうです。しかし、どうしてもその学校の教育方針が素晴らしくて息子を通わせたいと思うようになり、とことん考えた結果自分で決断されたそうです。

    私は彼女の決断を心から尊敬するとともに、お子さんのために六年間お弁当作りを頑張ってほしいと感じました。

  • 147月
    Categories: 雑記 コメントは受け付けていません。

    このゴールデンウィークの帰省は東京から大阪まで家族4人車で帰ることになりました。
    私は一応運転免許を持っており、普通の主婦にしては運転もかなりする方なので夫も交替交替でなんとか行けると思っていたようで、最近は高速料金も安いのでかなり安上がりで行けると踏んだ夫は一度決めた決断を覆すことはありませんでした。

    私も数日前から高速を走るシュミレーションは頭の中で何度もやっており、連れて行く2人の息子たちのこともどうやって時間をつぶさせようかと考えたりしていました。

    ですが、当日私のしていた予測を裏切る事態が起こったのです。雨です。

    天気が悪くなるのはあり得ることなのですが、自分がしていたシュミレーションの中に悪天候というものを組み込むのをすっかり忘れていました。

    雨の中のドライブになってしまいました。

    ただの雨ならなんとかなると思えるのですが、その日に限って向かう先の西日本の方に1日中大雨の予報が出ており、実際予報通り最初から最後まで雨の中ドライブし、約10時間の運転をすることになりました。

    雨の日に高速、しかも注意してかなり減速していても高速は高速、100キロくらいはでているので横殴りの強い雨が窓にバチバチと当たって本当に大変なドライブでした。

    ただ、幸いここ数日の報道でとにかく交通事故が多いと報道されているためか、雨の日の注意と相まって非常に周りの車も注意深く運転している様子が伺えました。雨で余計に気をつけなくては!との意識がどのドライバーさんの中にも芽生えていたようでかえって安全に運転できたのかもと、無事に到着した今、振り返っているところです。

    約10年前にも夫と2人で車で帰省したことがあるのですが、今回は小さな子供2人も増えた計4人でした。とにかく無事に運転を終えてホッとしているところです。